肌の糖化対策を日常的に食べ物で!

 

糖化って体や肌にとっては「害」でしかありません。
日々、糖化の原因であるAGEを摂らずに生活することはかなり難しいので
体内にどんどん蓄積されています。

 

そこで、「仕方ない」と諦めるのか、ならば何か対策を!と取り組むのかはあなた次第ですが、少しでも「若さ」をキープしたいのであれば、日々の食生活に簡単に取り入れられる調味料を使うのも1つの手!

 

「レモン・酢・ビネガー」

 

和食をよく作る家庭では、当たり前のように毎日使ってるかもしれませんね。

 

私もお酢にはちみつを入れて寝る前によく飲んでいますが、体が温まる上に糖化対策が出来るので一石二鳥!お酢を毎日飲むようになってからは、肌の状態も良い気がします^^

 

クエン酸は殺菌作用、抗酸化作用、代謝を助けたり血液の流れもよくしてれることから、昔から人の健康に役立っています。

 

レモンやお酢を少しかけてるだけでも、糖化対策が取れるのでオススメです。

 

 

また、ワインに含まれているポリフェノールも抗酸化作用が強いのでグラス1〜2杯を飲むのも良いんです。出来れば辛口の方を。白でも赤でもお好きな方で大丈夫です。

 

 

お酒がダメな方は、お茶を!

緑茶はポリフェノールの一種であるカテキンが豊富に含まれています。そして、AGEの発生を90%も抑えてくれるのだとか。

 

また、緑茶が苦手な方は紅茶、どくだみ茶、甜茶、ルイボスティーなどを飲まれると良いですね。

 

普段の飲み物をちょっと変えるだけでも糖化対策が取れるので、気を負わずに手軽に始めて見ることをオススメします♪