何故糖化が起こるのか?その原因について

 

糖化は体の中でタンパク質が糖と結びついて変性し劣化したもので、AGEs(糖化最終生成物)と呼ばれています。AGEsは老化につながる物質で、分かりやすくいうと炊きたての白いご飯。時間が経つと硬くなり黄色く変色しますよね。これが糖化現象。

 

糖化原因

 

お肉も焼くと固くなり色が変わります。お砂糖を煮詰めるとキャラメルが出来ますが、これも糖化現象です。

 

そして、一度糖化が起こると元の状態に戻すことは出来ません。

 

体内(肌)で糖化が起こということは、AGEsが体内に溜まっていくということ。
肌への影響としては、他にもたるみやくすみ、シワなどもあげられます。どの場所にAGEsが蓄積するかによって症状が変わってきます。特に肌の真皮に溜まってしまうと、年齢を重ねると出てくる肌トラブルに直面するというわけです。

 

また、肌だけではなく血管が糖化すると動脈硬化につながったり、糖尿病などの病も引き起こす原因となります。

 

このように、糖化は体内で起こるもので、日々の食生活と大きく密接しています。

 

糖化が起こる一番の原因

1番の原因としては、糖質の摂り過ぎや血糖値を急激に上げてしまうことが挙げられます。
これにより体内で処理しきれずに残った糖がタンパク質と結びついてAGEsを作り出してしまうんですね。

 

ただ、糖も人間が生きていく上で必要なエネルギーでもあるので、糖質断ちをするわけには行きません。
しかし、予防をすることは可能です。

 

コチラのページでは、糖化予防についてお伝えしています。